野菜の保存

今回は野菜の保存についてお話します。

スーパーの特売で買いすぎたり、ご近所さんからいただいたりして、冷蔵庫の中で野菜をいためてしまったことはありませんか?

最後まで美味しく食べ切ることができるように、参考にしてみてくださいね^^

それぞれの野菜の保存について

アスパラガス

立てて保存することがポイント

牛乳パックのそこに濡らしたペーパータオルや新聞紙を敷いて、アスパラガスを立てて入れます。

0℃に近い温度が望ましいので野菜室ではなく、冷蔵室で保存します。

ブロッコリー

鮮度を保つのが難しい野菜で、室温では甘みもビタミンCもすぐに減ってしまいます。

しかし、0℃に近い温度では鮮度を保ちやすくなります。

を防ぐため、ポリ袋に入れてチルド室で保存します。

とうもろこし

皮とひげを取り、ポリ袋に入れて冷蔵庫へ。

0℃に近い温度が望ましいので野菜室ではなく、冷蔵室で保存します。

ただ、収穫直後が一番おいしいので、手に入れたらすぐに加熱して保存したほうが美味しく楽しめます。

なす

低温と乾燥に弱く、適温は15℃前後です。

野菜室にそのまま入れては温度が低すぎるので、ポリ袋と新聞紙で二重に包んで低温と乾燥から守ります。

白菜(カット)

中心部の小さな葉の部分を取って(一番に使用する)から、湿らせた新聞紙で包みポリ袋に入れて、冷蔵庫で保存します。

大根

葉を付けたまま保存すると、葉の部分から水分が抜けます。

葉を落とし、だいたい半分ぐらいに切って新聞紙で包むかポリ袋に入れて、5℃以下の冷蔵庫で立てて保存します。

まるごと保存してもいいのですが、大根は大きいので半分に切ったほうが扱いやすいですね。

れんこん

切ったものは切り口から傷みます。

水と小さじ1杯の酢とともに器に入れ、冷蔵庫で保存します。

にんじん

一般的に保存がきくと思われがちですが、実は乾燥に弱く室温では日持ちがしません。

ポリ袋に入れて密封し、冷蔵庫で保存します。

たけのこ

できるだけ早く加熱してから、水につけて保存します。

しかし、加熱までに時間があるときには、日光に当てないように注意しましょう。

もやし

もやしは成長の途中なので、収穫後も呼吸します。

そのため、商品袋には小さな穴が開いています。

使いかけのもやしは、この袋のまま口を閉じ冷蔵室で保存します。

水につけてしまうと、呼吸ができなくなるため傷みます。

えのき・なめこ

商品袋に入れたまま、冷蔵室で保存します。

しいたけ

新聞紙で包んでから、ポリ袋に入れ冷蔵室で保存します。

土しょうが

乾燥を防ぐため新聞紙で包み、常温(15℃前後)で保存します。

じゃがいも

常温で光(日光・蛍光灯)が当たらない場所に置く。

底に空気穴をあけた発泡スチロールの箱に入れ、ふたをして保存するとよい。

ただし、高温には注意する。

さつまいも

冷蔵庫での保存は厳禁です。

新聞紙で包み、常温に置くか(12℃前後が適温)底に穴をあけた発泡スチロールの箱に入れ保存するとよい。

じゃがいもと一緒に保存できますね。

食べ物は大切にして、きれいに食べ切りましょうね。


スポンサーリンク
いつまでもしあわせ論
スポンサーリンク
いつまでもしあわせ論

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です