メタボリックシンドロームとは

メタボリックシンドロームについてお話します。

メタボリックシンドロームという言葉もすっかり定着しましたね。

昔は「死の四重奏」とか「内臓脂肪症候群」と呼ばれていたこともありました。

今は、横文字になってすっかり垢抜けて、と同時に怖い印象がない言葉になってしまったと個人的に感じています。

メタボリックシンドロームの定義

腹囲  (必須)

男性  85㎝以上

女性  90㎝以上

高血糖

空腹時血糖 110㎎/dl 以上

高血圧

収縮期血圧 130mmHg以上 または、拡張期血圧 85mmHg以上

または、その両方

高血中脂質

中性脂肪 150㎎/dl以上 または HDLコレステロール 40㎎/dl未満

または、その両方

腹囲に加えて、上記3つのうち2つ以上が該当する状態のことをメタボリックシンドロームと言います。

メタボリックシンドロームは、なぜ危険なのか?

メタボリックシンドロームは、生活習慣病の一つです。

生活習慣病は「痛い」とか「つらい」といった自覚症状が乏しいことが特徴です。

また、その治療は「自覚症状の緩和」ではなく、この病態を長期間・慢性的に持続させた結果として生じる「合併症」の予防に目標が置かれます。

メタボリックシンドロームの先にあるものは、「動脈硬化」です。

この動脈硬化の発生と進行防止が治療目標となります。

脈硬化はなせ怖い?

動脈硬化は、「心筋梗塞」「脳梗塞」「閉塞性動脈硬化症」などの循環器疾患を引き起こす要因となりますが、ある程度進行しないとなかなか症状としては出にくい病気です。

しかも、動脈硬化による循環器疾患はある日突然発症することが多いです。

また、命にかかわる重大な病気であり、後遺症も深刻になります。

メタボリックシンドロームを放置しておくと、やがて動脈硬化を引き起こします。

メタボリックシンドロームの段階での、生活習慣の改善が重要になってきます。

メタボリックシンドロームによって引き起こされる病気の発症の危険性は、危険因子の数と大きく関わっていて、危険因子が多くなればなるほど危険度は高まります。

危険因子とは、先に書いた「腹囲」「高血糖」「高血圧」「高血中脂質」のことです。

例えば心臓病の場合…

危険因子をない人の危険度が1の場合

危険因子を1つ持つ人    危険度 5.1倍

危険因子を2つ持つ人    危険度 5.8倍

危険因子を3~4つ持つ人  危険度 35.8倍

と、急激な上昇を見せるデータもあります。

メタボリックシンドロームの主な原因は、内臓脂肪の蓄積です。

蓄積された内臓脂肪が、動脈硬化や動脈硬化を原因とする生活習慣病を引き起こします。

この内臓脂肪を減少させることができれば、メタボリックシンドロームからの脱却ができます。


スポンサーリンク
いつまでもしあわせ論
スポンサーリンク
いつまでもしあわせ論

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です