栄養バランスの取れた献立 ~主食・副菜~

テレビや本で見聞きする言葉「主菜」「主食」「副食」「副菜」「副副菜」

これらの言葉、ごちゃごちゃになってませんか?

特別養護老人ホームでは看護師から、食事伝票をもらいます。

小食のお年寄りへの、ある食事伝票には…

「主菜100g・副菜1/2」

とありました。 なんか変じゃないですか?

「ごはんを100g・おかずを半分にして欲しい」というオーダーです。

答えは、最後に…

主食

「ごはん」のことです。

「おかゆ」「パン」も含まれ、民族によってはイモ類をさすこともあります。

炭水化物が豊富で、主にエネルギー源になるような食物のことです。

副食

「おかず」のことです。

副食は、さらに分類されます。

主菜

副食の中でも、メインになるようなものです。

学校給食だと「大きいおかず」にあたるものです。

肉・魚・玉子・豆腐など、主にたんぱく質が豊富に含まれる「おかず」のことを指すことが多いです。

副菜

副食の中で、主菜に添えて出される料理です。

学校給食だと「真ん中のおかず」にあたるものです。

主に、野菜や海藻・きのこなどを使った料理で、ビタミンやミネラルが豊富で体の調子を整えるものです。

副副菜

副菜の中でも量が少ないもののことを指します。

学校給食だと「小さいおかず」にあたるものです。

箸休めのようなものも含まれます。

食事は「主食」と「副食」に分けられ、

さらに「副食」の中で「主菜」「副菜」「副副菜」と分けられるのです。

最初の食事伝票の変なところ、分かりますよね。

正しくは「主食100g 副食1/2」となります。

「主菜100g・副菜1/2」では、おかずを100gと真ん中のおかずだけ1/2、となってしまいます。

この人、ごはんは食べられませんね。


スポンサーリンク
いつまでもしあわせ論
スポンサーリンク
いつまでもしあわせ論

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です