口腔ケア

今回は「口腔ケア」についてお話します。

適切な「口腔ケア」には、高齢者が要介護状態になることを防いだり、要介護状態の方でもその重症化を防いだりする働きがあることがわかってきました。

日常生活の楽しみの一つに「食事」が挙げられます。

美味しく・楽しく・安全な食生活は、介護の要不要にかかわらず誰にも共通した願いですよね。

食べるためには、咀嚼(そしゃく)=噛むことと、嚥下(えんげ)のみこむことを行う口腔の機能が維持されなくてはいけません。

この口腔機能が低下すると、食べる楽しみが損なわれるだけでなく、肺炎や低栄養を引き起こす可能性が高まってしまいます。

年をとっても楽しく食べるため、口の中をケアしてみませんか?

「口腔ケア」とは?

「口腔清掃」歯磨きや歯間ブラシ、舌ブラシやガーゼなどで口の中をキレイに保つこと。

「口腔機能トレーニング」噛んだり飲み込んだりする機能を維持するトレーニングのこと。

この2つを合わせてそう呼びます。

口腔ケアの意味は?

1、 食べることを楽しむ

口の中をキレイに保つことは、高齢期の衰えがちな味覚機能を改善し、食べる楽しみを大きくします。

2、 低栄養を予防する

低栄養状態の人が栄養を摂取した上で口腔ケアを行うと、行わない人よりも栄養状態が改善されることが分かっています。

3、 肺炎・感染症を予防する

口の中で繁殖した細菌が、唾液や食べかすなどとともに肺に入っておこる肺炎を、誤嚥(ごえん)性肺炎と言います。

口の中を清潔に保ち細菌の数を減らすことは、誤嚥性肺炎の予防に効果があります。

また、インフルエンザなどの感染症を予防するためにも役立ちます。

口腔機能トレーニングのポイントは?

1、 口の体操を毎日行いましょう。

・口を閉じたまま、頬を膨らませたりすぼめたりします。

・舌を出して、上下左右に大きく動かします。

・口を閉じて、頬の内側を舌で押すようにします。

・口を横に開き、奥歯をカチカチとかみしめます。

・口を大きく開いて「あっかんべー」をします。

2、 しっかり噛んで食べましょう

やわらかいものばかりを好んで食べると、あごや頬のなどの筋肉が衰えてしまいます。

無理のない範囲で、歯ごたえのあるものもしっかりと噛んで食べましょう。

3、 姿勢に注意して食べましょう。

上体を起こしあごを少し引いた状態で食べると、誤嚥が起こりにくくなります。

テーブルは、ひじがゆっくり乗るぐらいの高さのものを使いましょう。

4、 よく声を出しましょう。

たくさんおしゃべりして、たくさん歌いましょう。

声を出すことで、口の周りの筋肉が鍛えられます。

歯周病にも注意しましょう!

歯周病は、歯周病菌による感染症で成人の約80%がかかっていると言われています。

そして、歯を失う原因のおよそ半数が歯周病によるものだそうです。

歯周病チェックリスト

□ 歯茎の色が紫・または赤黒い

□ 葉の表面がネバネバする

□ 歯石がついている

□ 口臭が強い・強くなった

□ 歯の隙間によくものがはさます

□ 歯茎から出血することがある

□ 歯茎が腫れて痛むことがある

□ 歯が動く感じがある

当てはまる項目が1つでもある方は要注意ですよ!

大切な歯を守り、美味しく食べられる生活を楽しむためにも、歯医者さんに相談されることをお勧めします!

歯石を取り除きましょう!

歯垢(しこう:歯の汚れ)が硬くなった歯石は、自分で取ることができません。

歯石を放置すると歯周病が進行し、肺炎の危険が増し、歯を失う危険が高くなります。

定期的に(年2~3回)、歯医者さんで取ってもらいましょう。


スポンサーリンク
いつまでもしあわせ論
スポンサーリンク
いつまでもしあわせ論

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です