食事用エプロン

今回は、食事用のエプロンについてお話しします。
食事用と言っても、キッチンで使うカワイイ分ではありません。
食べる人が着用して、食事をとる分です。

いろいろ種類はありますが、私がメインで使っているものは、防水処理された布製の長いエプロンと、樹脂製の裾がポケットになるエプロンです。

防水布エプロン

防水処理された布で作られており、首の後ろのマジックテープで留めるようになっています。
立った状態で着用すると、長さは膝くらいまであります。
座って着用し、裾をテーブルに広げます。
その裾の上に食事のお盆を乗せて固定し、食べこぼしや、唾液などで服が汚れないように広くカバーします。

エプロンが布製であるため柔らかく、無理なく服の上に広げて広範囲を、汚れから守ることができます。
食事介助が必要な方には、こちらがオススメです。

反面、柔らかいために、たくさんの食事がこぼれた場合、エプロン内に収まらずこぼれ落ちてしまうことがあります。
また、洗濯を繰り返すことで防水効果が落ちると、水分が染み込んでしまい服が汚れてしまいます。
こうなると替えどきですが、パッと見では気づかないため使い続けて、胸元が濡れていることもあります。

樹脂製エプロン

紐で首からぶら下げて着用します。
へその下くらいの長いで、座った時に体の前面に収まる大きさです。
裾を折りたたんでポケットを作り、食べこぼしをキャッチします。

水分を通さず、素材が硬いので、たくさんこぼれても、しっかり受け止めることができます。
また、エプロンを清潔にしておけば、中にこぼれたものを食べることができます。
自力摂取できて食べこぼしの多い方には、こちらがオススメです。

反面、硬くて柔軟性がないので、動いて首からずれると、受け止めることができないどころか、溜まったものまで全部こぼれます。
そして、長期間使っていると、赤やら黒やらのカビが生えてきます。
こうなると替えどきですが、毎日見てると見落とすのか、そのまま使われていることもあり、衛生面で心配になります。

どちらを選ぶか… 使わないことを選ぶか…

個人の状態をよく見て、適したエプロンを選ぶことは、大切なことですが、必要ない方の予防的使用や嫌がる方への無理やりの使用は、控えて欲しいと思っています。

食べこぼしに対する、便利グッズである反面、自尊心を傷つけるものでもあるからです。
また、介助者は一度、試しに着用してみて下さい。
とても暑いんです。蒸れます。
当然ですよね、防水処理してあるんですから。

その特徴を知った上で、使用して欲しいですね。


スポンサーリンク
いつまでもしあわせ論
スポンサーリンク
いつまでもしあわせ論

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です