食事介助の難しい方へ ~楽しく~

ある食事介助の困難な利用者様についてお話します。

仮に、鈴木ふみさんとします。

鈴木ふみさん(仮名)の状態は…

高齢である

嚥下は問題ない

認知症があり気分がころころ変わり、急に怒り出すこともある

びっくりすると怒ってしまう。

耳は聞こえる・目も見える

甘いものが好き

食事の最初は自分で食べることもあるが、すぐに箸をおいてしまう

自歯はほぼない・義歯は使用していない(やわらか食を食べている)

普通に食事介助しようとすると…

機嫌のいい時は食べてくださることもあるが、ニコニコしていても口をつぐんでしまうことも多い。

無理に口元に持っていっても、口を一文字につぐんで開口しない。

無理に介助を続けると、怒ってしまって食べなくなる。

なんとか食事を口に入れてもらっても、手に吐き出してお膳に乗せてしまう。

いろいろ考えて…

びっくりさせない

無理強いしない

楽しい雰囲気を作る

ことを心がけて介助してみようと思い立ち、やってみました。

びっくりさせない

低めの声でゆっくりと呼びかけながら、隣に座る。

その時に、体には触れない。

耳は聞こえており、びっくりすると怒ってしまうので、高齢者が聞き取りやすい低めの声で「すーずきさーん♪」と嬉しそうに声をかけこちらに気づいてもらうのを待つ。

そのとき、かならず笑顔を崩さない。こちらを見ていなくても笑顔!声も笑顔!

「鈴木さん!」と肩を軽くたたいたりすると、びっくりしてしまうので終了してしまう。(自分がまどろんでいるときに、心地よい言葉かけを想像すると簡単かも…)

気づいてもらえたら、まず楽しい話をする。

「おはようございます」「いいお天気ですね」「お兄ちゃんは元気ですか?」など何でもよいがかならず笑顔。

無理強いしない

いろいろお話しながら、会話の切れ目で半開きになっている口に箸で食事を運び、大きく口を開けてもらえるのを待ち、開けてくださったときにのみ中に入れる。

自主的に口を開きやすい環境を作ってから、口を開けていただいて食事を運ぶ。

無理に口の中に入れてしまうと、期限も損ねる上、手に吐き出してしまう。

吐き出し防止と、「私はあなたの味方ですよ」の意味を込めて、手を軽くつないでおくと「出そうかな?」というそぶりの時でも、嚥下できることが多い。(「どうしても出す!」の時は予防になりませんが…)

楽しい雰囲気を作る

常に笑顔を絶やさない。介助者が声を立てて笑うと鈴木さんもつられて笑う。

家族の話や子供のころの話など、楽しく話せる話題を用意する。

鈴木さんが話し始めたら、どんどん膨らませて楽しい雰囲気を増長させる。

その結果…

栄養士の私の顔を見ると笑顔で迎えてくれ、介助を受け入れてくださるようになりました。

でも、コツを掴んで、気持ちに余裕を持てば、誰にでもできますよ。

心構えとして…

忙しい中で、介助を受け入れてくださらない利用者様に「イラッ」とすることはよくあることだと思います。でも、プロとしてお金をいただいていることを忘れず、利用者様が気持ちよく食事ができるように努力してみてください。

しっかりと食べてくださったときの充実感はクセになりますよ^^


スポンサーリンク
いつまでもしあわせ論
スポンサーリンク
いつまでもしあわせ論

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です