エネルギー

今回は、生命維持や生活活動の源になる「エネルギー」について書きたいと思います。

エネルギーとは?

エネルギーは栄養素ではありませんが、あらゆる生命活動不可欠なものです。
私たち人間は、食物からエネルギーを補給しています。
糖質・脂質・たんぱく質の3つの栄養素が、エネルギーの源となります。
これらの栄養素が、呼吸によって肺から取り込まれた酸素と反応して分解され、エネルギーが生まれます。

ちなみに、ビタミンやミネラル類はエネルギー源になりませんが、3つの栄養素をエネルギーとして利用するための代謝に必要です。

体の中でどう使われる?

生命の営みを維持

心臓などの内臓の働きの維持・呼吸・血液の循環など生理現象には、エネルギーが必要です。
体内のあらゆる現象は化学反応によって成り立っていますが、それぞれの反応にエネルギーが必要です。

生活活動必須

歩行・家事・仕事などのすべての生活活動時には、安静時より多くのエネルギーが必要です。
また、食べたものを消化・吸収するためにも必要です。

必要なエネルギー量は?

健康な成人では、消費量と同量のエネルギーを摂取することが望ましいとされています。
エネルギーの消費量は、年齢や性別、気温、食事量、仕事や運動による体の活動状況など様々な条件で変化しますが、
成人の場合は、体重が変化しなければ適切なエネルギーを摂取できていると推測されます。

エネルギーが不足すると?

消費量より摂取量が少ない状態が続くと、体内の脂肪を燃やしてエネルギー源とするので、体重が減ります。
エネルギー不足がさらに続くと、体を作っているたんぱく質を燃やすので、筋肉や内臓が損傷してしまいます。

エネルギーをとりすぎると?

消費量より摂取量が多い状態が続くと体脂肪となって、必要な時の予備として貯蔵されます。
エネルギー過剰な状態がさらに続くと、体脂肪が増え肥満を招きます。
また、肥満に伴って、糖尿病・高血圧・脂質異常症(高脂血症)・痛風などの生活習慣病になる危険性が増します。

主な食品のエネルギー量

ごはん1膳 150g:252kcal
ロールパン1個 30g:95kcal
さんま1尾 正味100g:310kcal
アジ1尾 正味80g:98kcal
エビ1尾 正味25g:20kcal
玉子1個 正味50g:77kcal
豚ロース(脂身付き) 100g:256kcal
豚ロース(赤身) 100g:141ckcal
鶏もも(皮付き) 100g:253kcal
鶏もも(皮なし) 100g:138kcal
牛もも(脂身付き) 100g:246kcal
牛もも(赤身) 100g:191kcal
牛乳1カップ 210g:141kcal
じゃがいも中1個 正味135g:103kcal
にんじん中1本 正味190g:70kcal
トマト1/2個 75g:14kcal
しいたけ1個 11g:2kcal
りんご1/4個 60g:32kcal
バナナ1本 正味90g:77kcal


スポンサーリンク
いつまでもしあわせ論
スポンサーリンク
いつまでもしあわせ論

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です