新たまねぎ

今回は「新玉ねぎ」について書きたいと思います。

旬の時期にしか食べられない味を、楽しんでくださいね。

新玉ねぎと普通の玉ねぎの違いは?

同じものです。

新玉ねぎは、黄玉ねぎや白玉ねぎを収穫後すぐに出荷したものです。

通常、玉ねぎは日持ちを良くするため、収穫してから1か月程度、風に当てて乾燥させますが、新玉ねぎはすぐに出荷するため、皮が薄く実の水分が多いのが特徴です。

みずみずしく、辛みが少ないので、サラダやオニオンスライスなど、生で食べるのがおすすめです。

玉ねぎの旬はいつ?

春に種をまいて秋に収穫するものと、秋に種をまいて春から初夏にかけ収穫するものがあります。

秋には主に北海道産が、春には主に本州産が旬を迎えます。

9~3月:北海道

4~8月:佐賀県・兵庫県・愛知県・長崎県など

美味しい玉ねぎの選び方は?

新玉ねぎは、表面につやがありずっしりと重いもの。

通年出回っている玉ねぎは、さわると硬くて重みがあり、皮に傷がなく、しっかりと乾いてつやがあるもの。

玉ねぎの上手な保存方法は?

新玉ねぎは日持ちがしないので、早く食べきってしまいましょう。

通年出回っている玉ねぎは、蒸れると腐りやすくなるため、ネットに入れて日陰で風通し良くぶら下げておけば、長持ちします。

新玉ねぎの栄養は?

新玉ねぎも、通年出回っている玉ねぎも、ビタミンB₁・B₂・C・カリウム・カルシウム・鉄などを含みます。

また、特徴的な成分として、硫化アリル(辛みの成分)を含みます。

硫化アリルとは?

胃の消化液の分泌を促して食欲を増進させたり、血行を良くして体を温める効果があります。

さらに、ビタミンB1の吸収を助けて、疲労を回復させる効果もあります。

そのほか、血液をサラサラにする働きも見られます。

硫化アリルは加熱しすぎると効果が減少します。

また、水に溶けやすい性質を持つため、血液サラサラ効果を期待するなら、水にさらさずに生のまま食べましょう。

スライスしてから広げて15分ほど空気にさらすと、辛み成分が分解されて食べやすくなります。

玉ねぎを泣かずに切るには?

玉ねぎを切ると涙が出るのは、硫化アリルが目の粘膜を刺激するからですこの成分は、冷やしてから切ると出る量が少なくなります。玉ねぎとともに包丁も冷やしてみてください。

また、玉ねぎの細胞を壊すとどんどん出てきますので、よく切れる包丁で切るのも効果的です。

加熱調理をする場合には、皮をむく前に、電子レンジで丸ごと20秒程度加熱するのも効果があるといわれています。

玉ねぎにはどんな種類があるの?

黄玉ねぎ

辛みのある玉ねぎで、国内で主流のものです。

硫化アリルが多く含まれます。

白玉ねぎ

黄玉ねぎより柔らかく甘みのあるものです。

生食に向いていて、サラダにすると美味しいです。

紫玉ねぎ

辛みが少なく柔らかくて甘い、生食向きのものです。

皮も切り口も濃い紫色で、サラダにすると彩りがよいです。

ペコロス

小玉ねぎのことで、黄玉ねぎを密植させ、大きく育たないようにしたものです。

煮込み料理やピクルスに、丸ごと使われます。


スポンサーリンク
いつまでもしあわせ論
スポンサーリンク
いつまでもしあわせ論

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です